日本の蝋燭(ろうそく)は奈良時代に仏教伝来と共に中国から伝わりました。それが蜜蝋と呼ばれるもので、当時は大変貴重なものあったため、宮廷や一部の寺院でしか使われませんでした。
蜂の巣から採れる蜜蝋は、現在でも大変高価なため蝋燭としては、あまり使われておりません。
しかし、蜜蝋を含む蝋燭の炎はとても美しく、見る人に感動さえ与えます。
一度お試し下さい。

あさみどり
左から白印・赤印・黄印・緑印・銀印・金印
白印
3.5号
径11o×115o 35本 1680円

赤印
7号
径15o×115o 17本 1680円

黄印
14号
径19o×115o 10本 1680円

緑印
14号
径19o×87o 14本 1680円

銀印
2号
径9o×95o 56本 1680円

金印
ダルマ
径7.5o×.5o 130本 1680円

ギフト
ダルマ
径7.5o×.5o 48本 1365円

菜蜜灯 貴重な蜜蝋と、植物性原料によるろうそく。
油煙がほとんど出ず消し匂いが気にならず、油のにじみがないという特製を持っています。
菜蜜灯13.5 径10o×120o 12本 1260円

菜蜜灯6.5 径7.8o×88o 48本 1260円


夕映
先祖代々・般若心経
般若心経入り
桐箱入
120o×11.8o角 5250円

先祖代々入り
紙箱入
120o×11.8o角 1470円



トップページに戻る   念珠 ■こだわりの仏像 ■香りの世界 ■お寺の情報 ■巡礼 ■写経のすすめ ■リンク


浅草念珠堂 tel03(3843)8751 fax 03(3843)8755
Copyright(c)2007NENJUDO All rights reserved.